2008年06月30日

荷風と谷崎 その7

『紅閨夢』
武智鉄二監督

一気にドロドロ…

谷崎に武智さん重なっちゃったらもうダメだ

あのー…
生理的なんだよね 武智さんの作品って
非常に生理的なのでまんまセクシュアルなシーンよりも
ご飯食べたりしてるシーンのがセクシュアルなの
だからこの作品で一番すごいのはアイスクリーム喰らうシーンだよ
あの反復はもー…
その主人公?を演じてる茂山さんすごい…
すごい色っぽい人です
もう猥褻の域だすよね やっぱ
この人の場合はしょうがないと思う
猥褻にいってしまうのは
芸術と猥褻が同一になってしまうと思う
このへんはこしかさんとは違うよね意見が

ただこの作品武智さんの中ではかなり見やすいんぢゃないかなぁ…

くいの仔.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 17:40| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎 その6


『墨東綺譚』
豊田四郎監督

荷風の作品の方がやっぱさらりとしているよね

すごいいおもしろかったー
まぁこしかさん程興奮したわけぢゃないけども

豊田さん大好きです!

役者さんも豪華だったなやー

芥川さんかっこいい…
男前であるよ
これが森さんの憧れの人か…そりゃあ憧れますねこりゃ
ロマンティストでねナイーブで…
富士子さんとすごく合っていた

新珠さんも綺麗なんだけどね
このご夫婦もかなり合っていた

あとは…東野英治郎さまーと乙羽さんのペアーも可愛らしかった
ふんふん

でー最後に今日子ちゃんでてきてぐはってなった
あの人は舞台だろうと映像だろうと物凄いよな
なんか
えぐられちゃうんだよ
おきれいでした
こんなにいろんな人出てんのにさ

でもほんと ここまで揃えても
さらりとしちゃうのは
豊田さんの采配だよね
かっこいいです

はっぱの仔.jpg



Собака
posted by собака и кошка at 17:25| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎まつり その5

『刺青』
増村保造監督
撮影は宮川一夫さん

若尾文子が若尾文子の映画はやっぱり観ていて気持ちが好いの
まー最初の設定はちょっとあれだけどもさ…

いやー慶様がかっこよいんだ これも
なんであんな頭切れるのかな
明らかに企み顔 とか上手すぎる

わたくしめはこしかさん程は増村ファンではないんだけども
これは好きな方だな

お着物きれいだしね
若尾文子さまの和装好きだも

かいじゅうの仔.jpg



Собака
posted by собака и кошка at 17:12| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これくださあーいの仔

P6281040.JPG

呆け呆けだがな

これくださあーいの仔.JPG

刺繍部

これくださあーいの仔きょくぶ.JPG


Собака
posted by собака и кошка at 16:09| выставка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かたつむりさん

かたつむりさんそのいち.JPG

かたつむりさんのかばんができた
あんまりうまくいかなかった
でもこしかさんが
そんなことない!
といってくれるからいいや

ちょっとさいじんぐのりずむがわるいんだよね

かたつむりさんきょくぶてき.JPG

刺繍のところ

Собака
posted by собака и кошка at 15:59| выставка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かたかけ

肩掛け.JPG

肩掛けをようやっとつくりおえた
こしかさんがさっそく使ってくれた
なんと仕事にこれで行ってくれた
なんてちゃれんじゃーだ

ぼたん部.JPG

ぼたん部はふたつのぼたんを使った

うしろきのこ.JPG

後ろにもきのこのぼたんをつけた

こしかさんがこのきのこを見てちょっとおかしくなった

今は季節柄そんなに活躍はしないけども
秋とかになったらいいよ
まー梅雨にもいいと思うけど

Собака



posted by собака и кошка at 15:25| выставка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

荷風と谷崎まつり その0

『痴人の愛』
木村恵吾監督・脚本

ははーん 忘れてたよ 書くのー

谷崎

宇野さんがかわいんですよ!
なんか古くて淡かったよ 画像が

宇野さんとマチ子っていうのはあんまりこう
イメージがね わかないので
この組み合わせを考え付いた人すごいな!
監督か?

ただね…
あまりにも結末が変わっててびっくりした
全否定じゃないのか?それ?
って思った
木村さん 谷崎のこと嫌いなんじゃないの?
って

がっちゃん.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 21:52| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎まつり その4


『讃歌』
新藤兼人監督・脚本

谷崎。

これまでに観た新藤監督作品の中でも
個人的には最悪。
これ映画じゃなくて乙羽さんの一人芝居とかでやったほうが
いんじゃないの?
監督さんでもね役者としてすごい人っているんだけども
新藤さんは全然そういう世界の人じゃないから(わたしの中でね)
うんざりした
あれ好きなひといるのかなー
いるんだろうな きっと
役者もぱっとしないし
乙羽さんとかかわいそうだよ
あーいらいらした!


ありーの青年.jpg


Собака


posted by собака и кошка at 21:43| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎まつり その3

『四畳半襖の裏張り』
神代辰巳監督

荷風です!

宮下順子さんっていうのが実はあんまり好きじゃなかったんだけども
だからそんなに期待しないで行ったんだけども

この宮下さんはすんごい綺麗だった!
女優さんってば作品によってころころ変わるから不思議だな
今までね ほんとに きれいだなって思ってなかったから
きれいじゃない人だなって印象だったから
あーびっくりした!
お着物がね すごく似合うんだ
前観た時も着物だったはずなのにな
お定の時だから
やっぱり神代だと綺麗にうつるのね
青も赤も綺麗です

なんか宮下さんのことしか覚えてないんだよね
色んな人が出てくるから宮下さんが主役ってわけでもなかったんだけど
中心ではあったかもだけど主役じゃないと思う
主役は花柳だよね

宮下さんのお相手さんもかっこよかったな
色っぽくて

神代監督の作品で男の人の物語でもないんだけど よかった
個人的に一番盛り上がったのが 
最初の方のシーンで
宮下さんが人力車に乗ってよこづけするとこ 
あれすごくいいですね

あめーばさん.jpg




Собака


posted by собака и кошка at 21:32| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こいのぼり

P6111038.JPG

こいのぼりっぽいのは下のびろんのとこだよ


こいのぼりうらっこ.JPG

うらっこはこしかさんのあいであで
着物のきりかえしっぽくなってんだよ

ちょいとぼけててわかんないね
肩幅もそっとせまいほうがよかったな
ちぇ

Собака


posted by собака и кошка at 20:06| выставка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

荷風と谷崎まつり その2

『台所太平記』
豊田四郎監督
撮影は岡崎宏三さん
脚本は八住利雄さん

谷崎です
この原作読んだことなーいんだが
読んでみたいな

豊田さんはお恥ずかしながら観たことなかったんだけど
すごいよいですね!
気にはなってたんですけどいやー!素敵な人だ!
一気に大好きになりました!
脚本もよかったです!

森繁可愛かったー
そういえばあんまり森繁さんは観たことなくて
予想以上に可愛かった!
なんかいやらしいのにいやらしくないかんじ?

千景さんもきれいだなーやっぱり
ほの字ですな
うっとりします

乙羽さんも可愛かった
新藤さんがかんでない乙羽さん結構好きだな
あーそういえば西村さんも出てるよね
この2人よく一緒にいるかんじ
相性いいんじゃないかなー

西村さんはもー何者かなー
ちっさい男前がさるのものまねすごかったです
おなかいたいから

淡路恵子さんのとこも怖いしー
おなかいたいからー
勘弁して!

あとはのり平の淡い恋心満載が見どころですか?

全体的にドタバタコメディでおもしろかった
あー ミエさん出てた
唄うますぎじゃなかとですかあいかわらず
可愛いよ

おすすめ!

はっぱさん まつげびちびち.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 14:08| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎まつり その1

『春琴物語』
伊藤大輔監督
美術は木村威夫さん!

谷崎です
谷崎潤一郎は個人的に大嫌いです
でも尊敬はしてます
物書きとしてすごい人だと
ただ物語の方向が好きじゃないの
時々そんなに嫌いじゃない方向で終わる作品があって
そういう時は大好きな作家になる
春琴抄はそういう作品

しかし京マチ子さんは何故常に変わらないのか
不思議である
色っぽいよ?
可愛らしいし

佐助って名前もいいよな
しかし花柳喜章さんだったんだね

えーと
フィルムが古すぎてよく見えなかったんですが…
あと声も聞きとりずらかったんですが…
よい映画と思いまーす
ただやっぱ普段以上に観よう聞き取ろうと思うから
疲れますよな…

あとは…谷崎のあの春琴抄の世界は映像には出来ないものであります
再確認
だって文字で書く必要が彼にはあったんだもん
あらすじを使って映像化にしたにすぎません
今回の映画に限らずね

時々小説とかを映画化して「完全に映像化」とか言ってるけど
あれ意味分かんない
もしそんなことが可能ならばその小説自体が無意味であったとしか
思えないし
森鴎外の翻訳が評価されるのは
ただ翻訳能力に優れてただけじゃなくて
鴎外がその上で表現したから

ただの映像化には何の意味もないでせう
この映画はプラスがあるから観れる
原作がある映画はそういうリスクが強いよね

はっぱさん.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 13:50| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

由美子さん その3

『黒幕』
小林悟監督
撮影は倉田武雄さん

天知茂さんはどうしてあんなにも顔が…
いや好きです
かっこいいです
惚れ惚れします
男前だし
でもやっぱ観るたびにすげぇな…と
色っぽすぎるからさ
役者ですなー

殿山さん…はー!そうだそうだ!
おとーさんの役ね!とん平さんのおとーさんだったっけ?
いやー殿山さんってかんじの役だったな!
すごかったね!

えー由美子さんは…と…か、可愛かったんだと思う!
多分!
終了!

あ?あれかな?なんかやたらとキャメラが上手だったか?
確か…。すごい素敵キャメラだったと思う。
そうそう!だから内容ぶっとんでんだ。
観ませうね

なんですかくん.jpg


Собака


posted by собака и кошка at 13:25| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

由美子さん その2

『夜の牝 花と蝶』
西河克己監督

題名が好きです
ちょっと花札っぽい題名だよね

でも杉様があんまり好きじゃないんだ
森進一もあんまりすきじゃないんだ

あれ?青島さん…あー出てたね
可愛かったなー!
惜しい人であったな…

民夫さん出てたっけ…あー記憶が…

宍戸と杉様逆だったらもっと楽しめたかもなー
んー…駄目かなー?
まー宍戸は強かったよね
しかし何故あの役を受ける…?
勿体ないからーーー!

あ 野川さんはね 洋服も可愛いんだけど
やっぱ着物似合いますよねー!
可愛い!


すのこ.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 13:15| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

由美子さん その1

『悦楽』
大島渚監督
原作は山田風太郎さん
撮影は高田昭さん

野川由美子さん大好き!なんですがそんなに行ってません…
朝はちょっと…
なのでまつりではありません

まー渚ですから
役者も豪華ね
渚は好きです!
渚の作品観るたびにやっぱ好きだなと思う
最近大丈夫なんだろうか
心配だな…

野川さんを初めて観たのは多分時代劇
仕置き人?かなー?
江戸時代にもマスカラってあったのかしらん?
と野川さんを観て思ったのが最初だと
可愛いですよ ぞっこんラヴ
こないだ久し振りにテレビで観たけど
ちょっとさすがに齢お召しになってたけど
でもでも!変わらないです!可愛い!
なにもかもが可愛い!
元気でおきゃんで 梅宮さんの演技がいかに下手に見えたことか!
まー実際な…(ボソ)

さてー!今回も可愛かった!
キュート!キュート!
なんであんなに可愛んだろ?
天使?ねぇいたずら天使ですか?

さて 加賀まりこ様も可愛かったです
今回は女優さんたちがみんな可愛くてねー
いいですよ

中村賀津雄さんは実はあんまり若い頃観たことなくて
ほぇー
若い!
色っぽいですよ
まー今の方がかっこいいけど

渡辺文雄さんも…まー彼はいつも変わらず凄いけどな…
まー渡辺文雄ですよ 何やっても

大悟さんはびっくりした!かっこよかった!
旬なひとですから でもかっこよかったなー
ほの字

でー実はこのラストのおかげでほとんどのこの映画に関する記憶が
消え去ってるんですが…
慶様がねー…まー渚映画には慶様ですからね
この慶様がほんとにちょびっとしか出てないんだけどもね
かっこいいのよね
ほんとにかっこいいの
心臓止まったよね?
今まで観た慶様の中でも2位くらいにかっこよかったよね?


ぽろぽろさん.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 13:05| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森さんまつり その11

『呪いの館 血を吸う眼』
山本迪夫監督

まー代表作の内のひとつなんだろうけど
個人的にはー
森さんの特集の最後がこれですか?というかんじ
だって1番最初が『白昼の襲撃』なのに!
しかもらぴたで?
かなりへこみました
多分もともとあんまり好きじゃないんだけど
設定が
すごいクラシカルでシンプルなドラキュラ映画とかだったら
大丈夫なんだけど ヨーロッパとかのね?

でも外出た時若いカップル(といっても年はそんなに変わんないかも)
が「おもしろかったねー!さいこー!」とか言ってたから
好きな人は好きなのかな…

それにしてもわたくしには森さんをもってしてこれか…な体で
あー…でも大滝さんは可愛かったな! やっぱ
あと森さんて背ちっさく見えないんだけど
シークレットブーツのせいでさらにその能力を発揮!
でもでも!期待してただけに落胆!

げつの仔.jpg


Собака


posted by собака и кошка at 12:42| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森さんまつり その10


『黒薔薇昇天』
神代辰巳監督
撮影は姫田真佐久さん

森さんの続き

ロマンは男の人の言葉で
多分ポルノもそうだよね
で神代さんはロマン 森さんもロマン
切なー

神代さんは好きです
大好きです
別に泣ける映画とか泣きたくなる映画がいいわけじゃない
でも神代さんの映画はやっぱり泣きたくなる映画かな
おいらにとっては
切ない映画 ぎゅとつかまれる映画

森さんというのはヒジョーに線も細いし
なのに演技が過剰なとこがあるので
観てて笑っちゃうんだけど
でもやっぱぎゅとなるんだな 要所要所で
欠伸とかおかしすぎるんだけども
最後の方とかさ…
その前のナオミさんに「ほんま?ほんまでっか?」
っていうとことか
もっと前の恋心を確認するとことか
ナオミさんがふくよかなだけに視覚的にも
そんなぴったりじゃないんだけどね…
どっちかっつーと芹明香さんとのほーが合うんじゃない?
とも…

ナオミさんはやっぱナオミさんで
綺麗で上品ではんなりしてて色っぽくて…
やっぱ軍を抜いてるな という感じ
妖艶だしね
ロマンポルノってやっぱ男の人が前に出るから
最終的には
そんななかでこの人は自然に存在してくれる
しかも濃厚に
大好きです

素敵な作品だと思います
個人的には でもダメなひとは駄目かなー
でもでも!あのラストは!
切ない度最高潮で切られちゃうので
ぎゅとされますよ!

めもちょう.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 12:25| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

具合

具合悪かった
いや 今も変なんだけど

仕事2日続けて休むなんて初めてだなー

せっかく則文祭りなのに行けるかわかんないよー
行ける人はみんな行ってくれ!


おいあれとってくれよ.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 12:03| на днях | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前掛け

前掛けができた

まえかけその市.JPG


夢二の苺柄
この生地最近見ないな
廃番か?

ところで まー夢二はいいとしても
最近ちょっとした布の作り手さんっていうか布のデザイナーさん
の布がほとんどみみっちいと思う
趣味の範囲外での使用・販売での使用を認めてないのが
意味がわかんないけどな
だってあの人たちの作る生地はその分
値段が高いじゃない
会社とかからんでんのかしら
おいらだったらどーぞどーぞ使ってくださいという
かんじだけどな
あと布作家とかいうけど
作家っていう言葉は物書きだけに使ってほしーなー
個人的には これはひじょーに個人的な嗜好なんだけど
本来の意味としては合っている言葉なのかもだけどね

まえかけその丹.JPG

ところで前掛けっていうのはいいよね
打倒!エプロン!
日本の好きなとこのひとつかなー
前掛け


Собака
posted by собака и кошка at 11:57| выставка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。