2008年07月26日

くるくる糸まきのいろえんぴつに就いて

img102.jpg

せっかくだからもういっこぐらいさ。
どうせまたしばらく行方をくらますんだから。


そうそう、日曜あたりベン・シャーンですよ。
ベン・シャーンなくしてコーシュカなし。
ノー・ベン ノー・コーシュカ。
語呂がいまひとつ。こっそり涙。
でもゲルニカとか言われんだ、サバーカ姐さんに。

そうそう、くるくる巻きのいろえんぴつに就いて、でしたか。
おっほん。563ページ。
何故か昔から買い与えられる。自分で買った記憶ってないな。
最後まで使った記憶もないな。
しかし、シュウ、描いてみたらコーシュカさんむき。
サバーカ姐さんはちがったみたい。
こいつらザイソ(素材)が違いすぎんだよ。パラララ、パラララ…


暑すぎるとおもうなぁ。
イーシーオー(eco)熱ですかね。
エコが急にダサくなってきた。この流行のせいで。
でもちゃんとペットボトル潰して捨てるよ。ペコー ペコー。
だいたいさー、温暖化やら酸性雨やらってもうずっと前から言われてるじゃないさ、それを今頃になってさ、「地球を守る義務がある」とか語りだしてるの聞くとさ、空から胃液が降って、余計ブロンズが溶ける気がしない?するよね?だまってろって感じ?みたいなーみたいなー


壊れてきてるかな。
でもこんなもんでしょ。
それではまたいつかね。戻ってくるから安心しなよ。


コーシュカ
posted by собака и кошка at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | выставка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たぴたり5656

img101.jpg

あれだよね、たぴたり、
鳴るなら鳴ろうよね。天気予報ってさ、ぬかよろこびさせやがんだからさ。意味ないよね。いや逆に意味深だよね。


ウェイシェンマー ウェイシェンマー な日々で
おかげで聞き取りのお勉強にはなっている。
昼間はこうもりみたいにさかさまにぶるさがっていられればと思っている。
あ、ぶるさがるって表現は盗用だよ。うひょひょひょひょ。
でも家族間だから許してもらおう。家族間取引。
ちなみにサバーカさんではないけれど。


今日は所縁ぶかい角煮でした。
つくってもらったんだよ。食べるだけだよ。
明日は代わりに作ろう。カルパッチョ。違うかもね。


コーシュカさんは思うのですよ。
何故こんなにも時間がないのかと。
だからブログの更新がこんなにあいてしまったんだね。
ほぼサバーカさんブログだもんね。
それでもいんだけど、たまにはね。無視していいよ。こっそり涙。

コーシュカ


posted by собака и кошка at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | выставка | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

喜八祭り その3

『独立愚連隊』

代表作でしょ
楽しみだったんだ

中谷一郎がかっこよくてねー
中谷一郎に惚れないやつなんてどっかいってしまえ

佐藤允さんもかっこいいよ
なんてかっこいいんでしょ
ちっさいひとすきだ
外国人みたいな顔してるんだよねー

喜八さんはまーみるからに男前でおされな方でしょー
でやっぱ作品もおされなんだよね
音楽とかも
なんか楽譜っぽい 
でーそれに佐藤さんってのはうまくのっかっちゃう
観てて気持ちいい
戦争映画なのにさ

鶴田さんと三船さん…はーもう記憶が…
また観よう

はてはてー

せんたくものほすんだよの仔.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 00:27| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜八祭り その2

『ある日わたしは』

青春メロドラマ!なのであんまり期待しなかったんだけども
確か結構面白かったんじゃないかな と思う
よく覚えてないんだが…

宝田明はーんはんそうかー宝田さんが出ていたのね
んー?あの気に入った気に入らないを耳たぶであらわすやつかー?な?

おんがくまん.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 00:19| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜八祭り その1

『ああ爆弾』

今まであんまりちゃんと喜八ってみたことなくて
森さんの流れで今回みることとなりました

そん中でこれ1番最初に観て これ1番よかったかも
すんごいよかった

喜八さんってすごい個性的な役者さんばっか使うから
なんかすごい疲れるんだ 観た後に
芝居観てるみたいで 
役者さんの空気でおなかいっぱいになっちゃう
ぐてーってなっちゃう

でこれもひじょーにその気があるんだけども
演出もすごいから
バランスがよかった
映像として面白かった
能とか狂言っぽかったりしてね

でー伊藤雄之助さんにべっくらした
すごいねあの人
いっぺんに大好きになった
伊藤さんが好きなひととはともだちになろうと思った
砂塚さん?もすてきでした

あーとねあーとね中谷一郎さんもおや というかんじでね
あとあと!天本君がかっこいいのですよ!
あの方若いとこんな感じなのね ふんふん
色っぽいのですよ!

何回でも観たい
DVD買ってもいい 
ぼっちゃん.jpg


Собака



posted by собака и кошка at 00:14| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍旗はためく下に

深作さん2つめ

やー左幸子が可愛いんだ
綺麗よ あの人
こんどらぴたでやるからたのしみでな

丹波もかこよかたよ

夏八木さんもかこよかたよ
あの人なんであんな…
なぞだ

はー三谷さんも出ていたんだな
…どこだ!覚えてないぞ!
っていうか映画についてほとんど…
幸子が可愛かったことしか…!

思ってたよりけっこーおもしろかったよ たぶん



おおすかしば.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 00:00| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

狼と豚と人間

深作さんはそんなにもりあがらなかったので
祭りにはなりませんでしたが
任侠ものが好きだからいつか見ないといけません

ぼかー北大路さんはあんまり好きじゃないのです
もともとね
色っぽいんだろーけどだめなの
相性ですな

健さんはかっこいいね
そりゃー三鷹の変なラーメン屋にだって健さんのポスター飾ってあるしさ

あれ 三国さん何役だろ あー兄ちゃんか
ふんふん かっこいいに決まってる!

そういえばあれだよ 多分この人こういうの多いんだろうな
なんか本編始まる前にすんごいあらすじが…
なんかダイジェストみたいなやつがぶあーってさ
ちょっとついていくのに必死だったよ!
でも嫌いじゃないんだあれ

さて 最後に蓮司ですよ
若すぎて怖い
細いなー君
蓮司があたかもウエストサイドの様な動きを!
いきなり!


ぼくのぞうさんだぞの仔.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 23:55| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎 その12

『卍』
増村保造監督

こしかさんがいいよーいいよーといった
おいらはこしかさんほど増村フアンではないので
そこまでぐおっときているわけではないんだけど
まあよかったよ

若尾文子が若尾文子な時はやはり気持ちがいいしね
これは松田聖子が松田聖子な時気持ちがいいのと似ている

でもでも!やっぱり今日子ちゃんでしょ!
きれいですよー
だんさんとの夫婦っぷりも可愛らしくてね

あとあれよね
書簡のやりとりがおされでねー
なんだあの便箋

卍は原作読んだ時に
あーやっぱりこの人文章上手なんだな
とつくづく
一人称の書き方もいちいち変えてくるしね
奈良弁?ちがうかな なんか関西の言葉で書いてんだけど
それもすごい上手だな と
だけども話の流れが気に入らなかったんだけど ね
相性が悪いんだよね
どうも

かんごふさん.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 23:34| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎 その11

『華魁』
武智鉄二監督

あーーーーーー
あの女の人好きだよ
きれいだも

しかし殿山さんのつかいかたが贅沢だ
ああいう役なのに殿山さんがやるとやっぱ
ためいきものよね

喜助はん 途中からおかしいから
納得の仕方もおかしいし

大体なんでいきなり長崎
外国人は遊郭にはむかない
ということがわかった
あと牧師は受け入れの幅がひろいことを知った…

あーあとしょっぱなから
モザイクだらけの画面にびっくりした
もおいいじゃないっすか
武智さんはいいじゃないっすか
映倫いらないじゃないっすか
モザイクの意味ないじゃないっすか
モザイクでは彼の猥褻は消せないじゃないっすか
だって約8割モザ
画面ぼけすぎだから
2割しか鮮明じゃないから
しかも最後すごいもの出てきちゃうから
意味ねー意味ねー

しかし春画ってすごいよね
今のあそこまでセクシュアルな存在って
あるのかしら 
昔の日本人ってすごいな

ちうごくごのなまえだぞ.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 23:22| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎 その10

『鬼の棲む館』
三隅研次監督

慶様と勝新と新珠さんと高峰さんって凄い顔ぶれよね…
凄すぎてなんかとっちらかっちゃったな
個人的には

まず慶様が徳の高い僧っつーのがありえない…
怖い 怖すぎる…
すごい力持っちゃうし
なのに最後は…

勝新はかっこいい
新珠さんはきれいだ
ああいうかんじもあるんだな
ふんふん

原作よみたいなー

あら!撮影宮川さんなのね…

にくまんさん.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 23:06| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎 その9

『刺青』
曽根中生監督

これはね…曽根さんだーとうきうきして
行ったのにすんごいつまんなくて
げっとりした

非常に80年代的でね…
ばかー!

かみがぬけんだよー.jpg



Собака
posted by собака и кошка at 22:38| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荷風と谷崎 その8

『細雪』
安部豊監督

もう覚えてないよね…

谷崎だけどしっとりしてますよ このおはなし

へー香川京子さん出てたんだ…どのへんだろ…

いいなと思ったのはね
映画についてぢゃないんだけどね
こひさんっていうのがいいな と思った
末娘はこひさんなんだって
図書館の辞書で調べたんだ
ちいさいおひめさんの略でこひさんなの
映画観てる時に音としてこひさんって恋さんかと思ってたけど
あーなるほどね と思った
でもおいらさんは長女だし2番目だから
こひさんぢゃないんだね
かなしー…

あとは そうですね
帯を迷っているシーンが好きだな
いい映画でしたよ


おさかなごつんこー.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 22:28| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。