2009年02月18日

ヴィンセント・ギャロ

誰が何と言おうとギャロはすばらしいと思います。
こないだ『ブラウン・バニー』観たわけですが。

アメリカ映画なんて普段絶対観ないし
観るに堪えないわけですよ。
あーあくまでもワタクシの場合ですケド。
好きなひとは観てくらさい。
主観の問題です。

でもギャロだけは別格だし例外で。
役者さんとしてもモデルさんとしても素晴らしいと思ってますが
何より映画監督として大好き。
脚本もステキだし。

ただ今回はラストがラストなので無理なひとは無理でしょうけど。
賛否両論のなかでも否がめだちますし。
でもいつもわかんないのは
おとこのひとってば大体いかがわしい←この日本語すごくいいな!
ビデオとか1回位は観てるわけでしょ。
なのになんであんな過剰反応するのかな。
このワタクシでさえ別に…なかんじなのに。
なにかっつーとすぐポルノだ!とか猥褻だ!とか
じゃあおまえの存在自体が猥褻だろ。 
おんなのこが生理的にいやがるのはわかるけどね。
人間の恋愛における純愛はきたないものばかりで
きたない故にきれいなんだとワタクシは思うわけです。

さて、これは確実にロマンポルノですね!
しあわせな孤独は正確に言うとロマンポルノじゃないけど。
あれはすごく深部がね…って話なわけで。
でもこれは確実です。
ギャロはロマンチストなんだなと再確認。
何回も言いますっがー
繊細でロマンチック 壊れやすくて儚い
俺のガラスのハートは粉々に砕け散った…!
それがおとこのひとであり
ロマンポルノなわけです。
だからあれだな。
森さん・トニー・ギャロ・マッツだな!
まーマッツちょっと弱いけど…。

でも今回、てゆーかギャロはいつもそーなんだろうけど
そーゆーの抜きにしてもすばらしい作品だった。
キャメラワークステキよ。
なんか最初にレースシーン出ますけども
レースなんてそんな興味ないけども
あれ2時間でもいいよ。
コシカさんにはいつも地味って笑われるけど。
ほんとにギャロは映像センスがいいです。
ロードムービーも基本的に大嫌いだけど
ギャロが撮るとステキと思う。
ギャロが嫌いなひととは相容れないんだから。
そんでもって八つ裂きなんだから。


くまさん救出した葉っぱさん.jpg

Собака



posted by собака и кошка at 12:47| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜重まつり その6

『告白的女優論』

これで去年の6月分がやっと終わります…!
やった!

前々から言ってますが…
喜重監督の作品ってば重力がすごいわけですよ
役者さんたちもすごい重力があるし
で 濃い役者さんっていっぱいつかうとむちゃくちゃなこと
になるときがあるわけですよ
そうならないためには脚本ってのがすごい問われるわけで…
これ観てやっぱ喜重監督ってすごいんだな と。

ルリちゃんも稲子さんもすごい好きですけど
やっぱ茉莉子。
三国さんとの相性バッツリですね!
三国さん最期すごすぎるし…
メーキャップもすごいんですね…喜重監督作品は!
オムニバスチックに始まるんですけど
…このつくりかたもかっこよすぎて鼻血でますケド
茉莉子の話がいちばん好きです…
やっぱな…それはな…

ルリちゃんは…あれっすよ
岡田茉莉子はいつでも岡田茉莉子だし
有馬稲子も有馬稲子で
やっぱり浅丘ルリ子も浅丘ルリ子っすよね…!

木村功さんが出てきます…
ディレクターカーデ…
でも役は監督さんだったかな…?
…かっこいいです…ほの字。
あとあと!大悟さんが出てくるんですが…!
喜重に大悟さん…?と思ったですが…
すごかった!大悟さんいっつもすごいけど。
でもありゃー興奮しましたよぉー。
大悟さんってほんとにそこにいるだけで狂気的。

稲子さんはもーキレーでキレーで。
いやルリちゃんも茉莉子もキレーですよ!
なに言ってんですか!
でも稲子さんのキレーは少し幽玄的で…
なんかなにするわけでもなく寺山的というか。
それは多分 衣装着なくても メーキャップしなくても。
髪長いのも可愛いケドみじかいのも可愛いシー

で 最後に3人集まったシーンの
岡田茉莉子様は圧巻でした!
あの3人でなんであんなに存在感があるのか…

個人的にはー
おんなのひとの映画って嫌いなんです
なんか知らんけど。
でも喜重作品はそーゆーのぶちこわされちゃってます。
むしろ逆かも。
あと重力重力言ってますがね、
「たのしかった」トカ「みてよかった」とかそーゆー次元じゃない
からです。自分が生まれてきた意義レベルです。
軽い呼吸ができないから。

うらみさん.jpg

Собака


posted by собака и кошка at 12:17| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三田さんフェ その1

『ギャング同盟』
深作欣二監督作品

何で観に行ったかってゆーとー
慶様と内田良平さんが出てるからですよ!
すっごい楽しみに行って!

ちょっとがっかり。
濃すぎるんだな。多分。
他のメンツも濃かったしねー

なんか慶様若かった。
若かったので比較的表情があった。
無表情でありえない演技力を発揮する慶様の有表情が観れるので
まーソー考えればレアか…
多分役が合ってなかったんじゃないか と。
でも今までいろいろ慶様みてきたけど
多分いちばんしっくりこない慶様であった。
いやでも!無論かっこいいですケードー

良平さんは…かっこいいよ
かっこいいけど良平さんももっとかっこよかった
他の作品の方が。
ただやっぱかっこよかったのが…
命かけて仕事するのにラメ入りスーツですよ!
白黒なのに「うわーラメだ…ぎんらぎんらだ…」
ってわかるくらいのラメっすよ…

なんか慶様と良平さんを使う意味がワタクシには…
他の人でもいい気がするし
他の人のがいい気がする。
例えばこれにショーケンとか出てたら…とか。
まー時期も合わないかもだけど。
あと確実にコメディタッチ部が増えると思うけど。

一番よかったのは戸浦さんかなぁ…
あのひとも殿山さんばりに裏切らない。いつも。どこでも。
ステキね…

山本さんは可愛かったなぁー

今回の特集の三田さんは…
なんかキレイすぎるのか
ワタクシ的にはびみゃうなんですが…
でもコシカさんは好きかもね。
三田さんはあれだけスタイルも抜群で
顔も洋風なとこあるのに
和装のが好きです。
キレナガ感があるからかなー。
流し目とかすごそうだし。

平幹二朗さんが出てるようですが…
さっぱり覚えてません!
こないだチューボーですよ!見ていきなし好きになりました。
かっこいいな平さん…
これから要チェク!してみます…

あと八名信夫さんも出てんですね…へー…
全然覚えてないな…

深作さんってやっぱ仁義以外だとびみゃうな時が多い…
好きなひとは好きなんでしょうが。
でもやっぱ仁義はいいけどな!

こしかさんすなやまからばぁ.jpg

Собака


posted by собака и кошка at 11:45| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

喜重まつり その5

『水で書かれた物語』

…森さんが出てますよ。
これ映画デビューっすか森さん?
恐ろしい男ですよ…

森さんは作品に恵まれてないとこがあるんですが
これはあたりじゃないかと。
森さんにうってつけの役じゃないかと。
まー若い分ちょびっと怖いけど。

岡田茉莉子と森さんってばどうなのかなぁと思ってたけど
結構いいですね。
茉莉子すげー元気そうだけど。若さはじけてますケド…。

オフロのシーンと森さんがいよいよやばくなってきた時の
接吻シーンが好きです。
ステキね…。
しかし…痩せてる癖になんであんなに浴衣的なものが
似合うのか…森さん…。

もっと喜重作品で森さんを観てみたかった気もするが
あんまりだったのかしら喜重監督の中では…
そのあと1回も出てないよね森さん…

なんか息子が友達におめーのかあちゃんごっつ美人だなみたいなこと
言われててそら言うわなって思った。
そら言うわ。
こんな説得力ある台詞ないわ。

その脇で…ルリ子様が綺麗すぎました…。
なんだろアレ…。

しかし…温泉宿で逢引…
してみたいものですねへ…。
色っぽいよね なんかひびきが。

功さんは出てませんが 森さんが非常にいいので
大好きです!
やっぱロマンティシズムが生まれるなと。
森さんが出ると。


トンカチさん(殺されます).jpg

Собака
posted by собака и кошка at 14:06| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜重まつり その4

『甘い夜の果て』

個人的には津川さんは年輪重ねた後のが好きです。
長門さんは若くても好きなんだけど…。

…慶様が出てるらしいのだが…どこだ…
慶様…慶様ー!どこですかー?
もう一回観なきゃ…
こしかさんはやくDVD買ってくださーい!

茉莉子さんも功さんも出てないの…クスン。
岡田茉莉子いないとボルテージが上がらない…


皿洗いしてる仔とそれかわいそだって見てる先輩 コラボ.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 13:44| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜重まつり その3

『炎と女』

まーこれも茉莉子と功さん出てますから…(以下略)

小川真由美さん出てますね。
キレーです。真由美さんキレー。
こしかさん好きなタイプ?違うかなー。

個人的には傘のシーンが好きですかね。
…傘のシーンってこの作品でいいのよね…?
茉莉子って傘似合いますよね。
ただビニール傘だったと思うけど。このシーン。
やばいっすよ。ここやばいっす。
傘の似合うおんなのひとになりたいですが
どっちかっていうと笠かな…自分…。
うわー似合いそうだな笠…。

えー…細川さんが…
かっこいいっすよね細川さん。
初めて観たときからほの字ですけ。
怪しいしね…。

回想シーンで功が茉莉子追っかけるシーンも好き。
おなか大きいの可愛いしね茉莉子。



おさけ準備する葉っぱさん.jpg

Собака


posted by собака и кошка at 13:30| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜重まつり その2

『情炎』

まー基本的に茉莉子と功さんが出てたらやばいんですけど
個人的に。

で やっぱやばかったよね…

茉莉子はやっぱ岡田茉莉子だから
優れた 女 だから…
気品が違います。
絶対俗っぽくならない。

功かっこよかったなー…
功も絶対俗っぽくならない。
気品ありすぎだろ それ…
軽薄なところのある役なのに功さんが変えてしまうよね。

でー悦っちゃんが…かっこいいんですよ!
嫌いだったのにこの頃なんかかっこいいかもって思い始めてきて
この悦っちゃんで撃沈した覚えが…。
この悦っちゃんはかっこいいよ?
ほんとかっこいい。
喜重監督の悦っちゃんはいいですねへ…。

南美江さんも可愛かった。
南美江さん好きなの。
でも年齢重ねた美江さんのが好きかもだけど…。

題名もスキー。
喜重監督作品はいつも題名スキです!
やっぱ脚本もな…
照明もな…
衣装もな…
音楽もな…
撮影もな…
ってなっちゃうなやっぱ…
役者さんがすごくいいわけですけども
それなのにスタッフ側がそれを凌駕するといふ…

喜重作品は重力がやっぱすごいから
観た後ふぃーってなる
心身共に疲れ果てる
でも観るよね…観ちゃうよね…

ポイ捨ての仔.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 13:10| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッツ・ミケルセン

がかっこよすぎると思われ。

こないだ『しあわせな孤独』再度観たんですけど…
やっぱかっこよすぎなんすよ。
どう考えてもかっこよすぎなんすよ。

『しあわせな孤独』を初めて観に行った時っつーのはね
そんなにすっげ観たい!と思って観たわけじゃないのよね
こしかさんが観たいって言ってたから観にいこう位のスタンスで
(因みにひとりで行きました。こしかさんはいまだに観てナシ)
したらもーすんごいよくて!マッツかっこよすぎて!

で再度観たらば…あ。こんな撮り方だったんだ。って目からウロコ。
開始15分くらいからほぼずっと泣きっぱなしで…。

役者も全員うまいし。

あ、これロマンポルノだ。って思った。
主役おんなのひとっぽいんだけど
おとこのひとの繊細で 純粋で 壊れやすい 弱い やさしい
そういうのが描かれてる作品だった

賛否両論ですが
台詞が少なくて説明がない
表現の映画で
わかりにくいけど感じられる映画だと思われ。
ぼかー大好きだしこれ嫌いなひととは相容れないよね。
ただの不倫とか言ってるひとの気がしれない。
脚本もすごくいいです。

それにしても40代以上のおとこのひとの
「本気で恋してしまったみたいだ」的な発言ってずるいと思。
努しかりマッツしかり。
20代の子に言われても あーそうですか位ですが…
これ40代以上に言われると撃沈!
絶対撃沈!
あ…個人的なハナシですがね。
逆に気持ち悪いってひともいるんだろうな…。
相容れないね…。

あと…デンマークのひとってば「ヤッ!」って返事するようで
あれ結構オモシロヒ。

ロマンポルノがほんとに好きなひとに観てほしい。
性描写云々じゃなくてよ?
あーでも かなりおされなかんじだけど。
泥くささがないけど。でもでも
岸田森 トニー・レオンに続いてマッツ・ミケルセンは
おとこのひとの純粋で儚い部分を表現できるひとだと思われ。

おちこみさんマスタのとこいっちゃうんだよねつい.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 12:45| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

花様少年少女 その4

第4話 勇気の素

ぺんじゅらむさん.jpg
続きを読む
posted by собака и кошка at 15:59| драма | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラマン その5

『ミロガンダの秘密 グリーンモンス登場』

監修 円谷英二
脚本 藤川桂介
監督 飯島敏宏
制作 TBS・円谷プロダクション

尻尾こしかさんにふまれたさばかさんとこわがってあぶらあげもってきたこしかさん.jpg


続きを読む
posted by собака и кошка at 14:29| драма | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ハングマン 燃える事件簿 その7

第7話 『亡者を呼ぶ金相場』

制作 山内久司
    朝日放送
    松竹芸能
脚本 田上雄
監督 真船禎

尻尾ひきずってるさばかか.jpg



続きを読む
posted by собака и кошка at 14:16| драма | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜重まつり その1

喜重まつりがはじまるということは
功さん病がはじまるということです
寝ても覚めても功ー功ー 注:輪島功一さんじゃありませんよ

『嵐を呼ぶ十八人』

殿山さんが出てるんですけど…
殿山さんはアレですよね
裏切らない男bPですよね
いつ何時でも殿山さん。
どんな役でも殿山さん。
この作品はシリアスで重力感があると思うんですがー
それでも殿山さんなんですよねへー。
社会派に出てもロマンポルノに出ても殿山さんは殿山さんで。

しかし相変わらず喜重監督でした…。
安心して観てられます。
ただ2本観ると疲れますが…。
映像もキレイだしおもしろいから目も酷使しますしねへ…
映像撮るの上手なひとってそうなっちゃうの…

こしかさんはやくDVD買ってよー

ウォズマンが好きな仔.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 13:48| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

則文まつり その2の3

『パンツの穴』

これ…なんか知ってた。
多分昔TVでやってたんだと思う。違うか…?
ただビデオ屋さんで見かけたのか…?

非常に80年代的でした。
基本的に80年代って嫌いなんだ。
自分は80年うまれなんだけどね。
音楽でも映画でもファッションでも
60〜70年代がおされなだけに
よけい全部がセンスないかんじがして。
あーでもシティ派の音楽はまぁ嫌いじゃないけども…。

でー非常に80年代的で危惧して観にいって…
そういえば80年ってこういうお馬鹿なエッチが
よくテレビでやってた気がする。
なんか吉幾三さんと塩沢ときさんが先生役のドラマ?みたいの
あったよなぁ…とか思いだして…

でー菊池桃子が可愛いんえ?
むさカワー!です!
桃子とか西田知美さんとかあーゆうタイプ結構スキで…。
可愛いっすよ。今もかわいーけど。
で…桃子がふつーに「ムキンポくん」って呼んでて…
このへんが則文サマかな、と。

あ、豊原さんが若い…
このひと、結構コメディ似合うよね。
変な役やってる時は好きです。結構。
…ヤフーで検索すると
「関係ありそうな人物名」
ってのが横に出てくる…
「ありそう」って…

あと、鉄矢の使い方が贅沢だった…
でもあれがあるおかげでこの映画が楽しめたといっても
過言では無。


さららさん.jpg


Собака
posted by собака и кошка at 13:03| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。