2009年04月15日

江戸川乱歩の陰獣

監督 加藤泰
脚本 仲倉重郎
原作 江戸川乱歩
撮影 丸山恵司
美術 梅田千代夫

乱歩大好きなので乱歩モノはついつい観たくなっちゃうんですが。
あとやっぱ文芸モノにも弱いな。

あおい輝彦さんが主役で、そんな大好きな役者さんでもないので
期待はそんなにしないで行った割に結構よかったなー。
キャメラが。
ありえなかった。キャメラが。
基本的にーキャメラさえよければ楽しめちゃうんで…

香山美子さんはキレーでした。
スキなの ああいう綺麗さ


若山の富さんはもー富さんで。
ほっとする。あのひといるとほっとする。
個人的にああいう役は一行ちゃんの金田一における長門勇さんが
ベストなんですけど、富さんもいいですなー。
ただ富さんのがかっこよく映っちゃうんだよな…
お色気ムンムン…

中谷さんと野際さんのペアもうれしかった。
あの時代の野際さんキレイすぎると思ふ…
なんかあの夫婦いきなり谷崎的…。

原作は読んだことあるし多分他の作品も観てるから
結末はわかっちゃってるし
役者もベストなわけじゃないし(あ さばかさん的にね。)
なのにあそこまで楽しめたのはやっぱり
監督筆頭にスタッフがよかったからだと思。

あーそういえば 
なんかすごい無駄に贅沢なキャスティングだったな…
倍賞さんとか…

個人的に1番印象的だったのは椅子のシーン。
なんか印象的な割によく覚えてないんだけど、
なんか椅子のシーンですごい興奮したのを覚えてる
なんだその撮り方!って思ったの。
椅子は大事ですね…


木のベンチに座ってる妖精の仔 靴かたっぽないことにきづいていない.jpg

Собака
posted by собака и кошка at 14:11| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続 花と龍 洞海湾の決斗

監督 山下耕作 
脚本 田坂啓
中島貞夫

これは去年の11月に観た筈なので、
実際そんなに時間が経ってないはずなのにさばかさんの手帳には
「ラピタ けいさまのごくどう」としか書いてなくて
一体何の作品なのかを探し出すのに苦労しました…

慶様は慶様でした。多分。
小松さん可愛かったなー。多分。

なんかよく覚えてないけど
主人公がいやそれ絶対即死だろって位に刺されまくったのに
(多分20回位は刺されたんじゃないかなぁ…)
一命とりとめて
しかも子供が出来たって知って全快しちゃうラストの展開に
え、え〜?って口あんぐりしちゃったのは覚えてる。

あ…慶様達筆…も覚えてるかも。

個人的にすっごい好きな展開の極道じゃなかったから
作品としてはそんなじゃないんだけど
好きなひとは好きだろうと思われ。

山下さんのもっと観たかったなぁ…

おいとびでるなってのふたり.jpg

Собака


posted by собака и кошка at 13:37| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

黒沢清フェ その2

『アカルイミライ』

これ好きで、見るの多分3回目なの。
爽やかにおされな感。

で…藤竜也がかっこよすぎ で。
おされだし。
いやーかっこいいんだ。
劇中歌?の「あーかいめをしたさそりー♪」
がすきです。
これね3回目にしてようやっと認識したんですケードー
なんか松倉さんがうたってたんだよね
松倉さんってこういうのじょうずだから
で調べてみたらば!
宮沢賢治のうたなんだ!へー…
ステキね…

浅野さんがねーよかった。
オダギリもよかったけどどっちかっつーと浅野さんがよかった。
あのひとね あくがつよいんだけど
監督さんによってすごいヘタイになっちゃう。
でもこの浅野さんとかCMの浅野さんとかはすごいいいから
やっぱ監督さんの力量のせいなんだろーな。
いやーこの浅野さんすごいすきだ!

オダギリはこーゆー役のがいい気がする。
すこし変わった役もいいんだけど
こーゆーちょっと地味テイスト入った役がいいんじゃないかなぁ…
繊細でなんかわけわかんないけど中でもやもやする感…
地味なのになんか…てゆう魅力があると思われ。

楽曲もなんか若いけどよかったし。
画質もよかったし。
あと脚本もよかったんじゃないかなぁ…
なんかアイダがいっぱいあった。マってゆうよりアイダ。

あ…笹野高史さんがこしかさんは大のお気に入りで…
ほんとうざいくらいお気に入りで…
なにかっちゅーと「CDCDCD」のジェスチャーしてる…
でもノリタケの番組で笹野さんがうっかり
岸田森さんが…って話はじめた時すごいうれしかったなぁー
特にテロップとか出ないで番組的には素通りだったけど。

スターさん くちにいれるの.jpg

Собака


posted by собака и кошка at 11:58| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒沢清フェ その1

エアーピアノやりすぎて腕が痛い…

『ニンゲン合格』

ドッペンゲルガー見てから 黒沢さんと役所さんが
有り得ないくらいすきになった。
だってかっこいいもん。

役所さんとか嫌いだったのに…
なんで嫌いだったんだろ…
かっこいいー
特に黒沢さんの作品の中の役所さんがかっこいいぃいぃぃい

西島君も好きです。
いやー南君の恋人時代は嫌いだったのに…
いい役者になったよねー…
なんか哀愁ただようよね…

でこの映画すごい出演者豪華で。
すごいね!
ただエンターテイメント的に豪華すぎてちょっと
さばかさんとしてはくどかった。

そして翔さんはいつもすごいね!
あの声どういうことだろう。
しかも今回はあり得ない位に後ろ向きで…
うざいなーこの後ろ向きなひと…
実際まわりにいたらきついな…

作品は…もしかして映像よりも文章むきじゃないかな、と。
ただ翔さんは…文章で表現できるかわかんないな…



Собака





posted by собака и кошка at 11:27| театр | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多すぎだろ

呉尊の夢を見た。
職場で仕事してたら、
呉尊から手紙が届いた。
まず、白い紙。

「丁寧な字でこんなにたくさんの手紙を書くのは
 これがはじめてだ」←ふつーに日本語

で もひとつ中に封筒が入ってて、
あけてみた。
なかから色紙の短冊みたいのが200枚くらいでてきた。
多すぎだろ。
でもって、ひとつひとつになんか散文が書いてある。
仕事中なので最後の1枚だけちらって読んでみた。
なんか甥っ子と1日あそんでくるわ的な内容。
…日記?もしかして200日の日記?
でもまぁ仕事中だし
店にお客さんもいるから戻して売り場に立った。
そんな夢。


無論短冊見たときは吹き出したよね…。
でも結構ロマンチクかもな。
やるな!呉尊!



成果をだそうとするマチ売りの少女.jpg

Собака


posted by собака и кошка at 11:06| на днях | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。